Germany

(画像をクリックしていただくと、醸造所のページが開きます。)

このページでは、主にヴァイツェン(ヴァイスビア)を中心に載せていく予定です。
ヴァイツェンといってもさまざまなスタイルがあるようで、例えば、ろ過されていなく酵母などが混ざってるヘフェヴァイスビアであったり、ろ過されたクリスタルヴァイスビアであったりetc。また、醸造所によっても麦芽やホップ、使用する水(硬度)であったり醸造期間、はたまた作り手の感覚などが異なれば、色々と違いが出てくるわけでして・・・


現存する世界最古の醸造所⇒
ヴァイスビアが主なの醸造所⇒

König Ludwig

Weissbier HELL
König Ludwig Weissbier ケーニッヒ ルードヴィッヒ・ヴァイスビア
2008年にWBA:ワールド・ビア・アワードで『World's Best Wheat Beer』を受賞したビール。

ミュンヘン中心部から西に約25km程のFürstenfeldbruck(フュルステンフェルトブルック)という町(他3箇所)に醸造所があり、ルードヴィッヒ王家の末裔によって醸造されているビールです。
現在はWARSTEINERと提携。
豊かな泡立ち、桃?のようにも思える甘く香りが感じられます。それを口に含むと、とても豊かなコクで苦味もさほど強くなく良い感じの炭酸、ほのかな酸味にくわえ、のどを通る時に鼻に抜けてくる香りも甘い感じがします。
Alc : 5.5%


Franziskaner

Weissbier Kristallklar ~
Franziskaner フランツィスカーナー Weissbier ヴァイスビア
1363年(日本では室町時代とされる)創業開始されており、本場オクトーバーフェストの公式の醸造所。
ラベルは修道士がビールを飲んでるユニークなデザイン。

グラスに注ぐと、クリーミーな泡が盛り上がってきます。酵母等がろ過されたため見た目は透き通ってます。そこから感じられる香りは青リンゴのような甘くフルーティーな感じ。
口当たりは程よい炭酸が心地よく、苦味はとても弱く爽快なのど越しに思えるのではないでしょうか?
ALC 5.0%


Hefe-Weissbier Naturtrüb ~
Franziskaner フランツィスカーナー Weissbier ヴァイスビア
このビールは、小麦麦芽も使用して醸造されるビールで、他のヴァイスビアより色合いが濃いめです。きめ細かく豊かな泡立ちでろ過はされておらず濁りあり。バナナのようなフルーティな香りにそそられます。
ほとんど苦味を感じることがなく、強めの炭酸で、爽快な飲み心地に思えます。
ALC 5.0%


RIEGELE

Hefe Weisse ~
Hefe Weisse
ミュンヘンから北西方面に位置する「Augsburg」その町にある醸造所。家族経営となってますがAugsburgでは最大の規模とされています。

その醸造所からのヴァイスビアですが、無ろ過で濁りが見えクリーミーな白い泡がのるへフェヴァイス。青リンゴのようなフルーティーな香り、口に含むと炭酸が心地よく苦味は弱めだと思います。それと僅かに酸味も感じられますが、そのことにより後味サッパリした爽やかな仕上がりだと思います。
Alc : 5%


KULMBACHER

KAPUZINER Weißbier ~
KAPUZINER Weißbier カプツィーナヴァイスビア
バイエルン州北部(ミュンヘンから車で北へ約250km)に位置する、Kulmbachにある醸造所で造られています。

ビールの方ですが、グラスに注ぐと豊かなに泡が立ち、近づくとバナナに近いような甘い香りがします。ろ過されていない濁りあるヘフェのスタイルになってます。
苦味は弱く、まろやかな味わいは初めてのドイツビールにいかがでしょうか?

国内で流通しているドイツビールでは珍しい缶入りで輸出向けと思われます。他にも、パーティ用?!5L缶や、クリスタルヴァイスビアも展開されています。


Tucher

Helles hefe Weizen ~
Tucher Kristall Weizen
1672年にバイエルン州のニュルンベルクで設立された醸造所。ニュルンベルクはバイエルン州ではミュンヘンに続く2番目に大きい街となっているようです。
こちらのビールは、酵母等がろ過されていない濁りのある見た目が特徴のヴァイツェンビール。ほのかに香るバナナの様な甘くフルーティーな香り、それを口に含めばクリスタルヴァイツェンと違ったコクのあるまろやかな味わいが楽しめるでしょう。
(苦味が苦手な方でも、もしかしたら飲めるかも知れませんよ。ただし、嫌なら無理して飲まなくても問題ないです、アルコールですから)
Alc:5.2%

Kristall Weizen ~
Tucher Kristall Weizen
こちらのビールは、ろ過されたクリアな見た目にきめ細かい豊かな泡立ち。加えてほんのり青リンゴ?を思わせるようなフルーティーな香り、それを口に含むと強めの炭酸が心地よくそして爽快な喉ごし。
これからのお花見の季節に外飲みでいかが?
Alc:5.1%


Weltenburger

hefe-Weißbier ~
Weltenburger ヴェルテンブルガー hefe-Weißbier
バイエルン州の中央辺りに位置するケールハイム(Kelheim)。そこを流れるドナウ川の河岸で、1050年から続いているとても歴史ある修道院醸造のビール。
小麦麦芽も使用して醸造され、ろ過されていない白濁した見た目に加え豊かな泡立ち。フルーティーな甘い香り、ほのかな酸味と心地よい炭酸で味わい深いビールです。

修道院の中庭に設置してあるビアガーデンでは新鮮なビールがいただけるでしょう。
Alc:5.4%


Krombacher

Weizen ~
Krombacher Weizen
ドイツ西部のフランクフルト(から北西に約150km)とドルトムントの中間辺りにある醸造所。
ビールの方は、ろ過されていない濁りのあるビール。口に含むと穏やかな炭酸と、控えめな苦味によりマイルドな口当たりに思えます。
Alc : 5.3%

現地に行けば日本には輸入されていない銘柄も口に出来るかもしれませんよ…たぶん


Schöfferhofer

KRISTALLWEIZEN ~
Schöfferhofer KRISTALLWEIZEN
ろ過された、クリアなヴァイツェン。香りはフルーティなヴァイツェンそのものですが口に含むと、無ろ過のヴァイツェンとは違って軽いというか、あっさりしてる様に思えます。スタンダードなヴァイツェンよりライトな物を好むならこちらがいいかもしれません。
Alc:5%


GRAPEFRUIT ~
Schöfferhofer GRAPEFRUIT シェッファーホッファーグレープフルーツ
柑橘系の爽やかな香りがいい感じです。
見た目は酵母も混ざっているので濁りあり。グレープフルーツとなってはいますが、オレンジの感じも結構出ていて「これがビール?」という感覚になるのでは…。
Alc:2.5%



HEFEWEIZEN ~
Schöfferhofer HEFEWEIZEN シェッファーホッファー
他のヴァイスビア、ヴァイツェンから比べると若干、香りが控えめな感じに思えます。酸味も少々強く感じられます(他のヴァイスビア、ヴァイツェンに比べて)が、 それが嫌な感じではなく、このビールをサッパリした味わいに感じさせてくれていると思います。
ソーセージなどのおつまみがあると止まらなくなるのでは?!


1 2

未成年の飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

© ビールは苦いだけじゃない!