United States of America

(左側の画像をクリックしていただくと、メーカー・醸造所のページが開きます。)

アメリカのビールと言ったらBudweiser : バドワイザーってあげる方が多いのでは!?
しかし、アラスカ州やハワイなども含めた広大な国土に3億人以上の人々がいる国で、バドワイザーだけじゃないんですよね~。
全てのブルワリーを飲みわたるには何年?何十年?かかるか分からない位、多くのブルワリーがあるでしょう。
そして、ブルワリーの数に比例するように、多種多様なビールが造られてます。
※アメリカでは21才から、飲酒が認められています。

WESTBROOK BREWING CO.

WHITE‐THAI
WESTBROOK BREWING CO. white-thai
WESTBROOK BREWING CO. white-thai WHITE‐THAIとなってますが、アメリカ東海岸のサウスカロライナ州にあるブルワリーで造られたビールです。

こちらのビールは、ブランドだけじゃなく原材料もユニークでなんと、日本のホップ”ソラチエース”やレモングラス、生姜を用いて醸造されております。
造りはベルジャンホワイトスタイルですが、少々アレンジを効かせたビールで他のベルジャンホワイトスタイルのビールとはチョイと違った風味が楽しめます。
レモングラスや生姜も程よく効いていて、爽やかでフルーティーな香りが感じられます。苦味も弱めであったり、炭酸もマイルドな口当たりに仕上がったホワイトビールでしょうs。
Alc : 5%


HARDYWOOD PARK CRAFT BREWERY

CITRA WEISSE
HARDYWOOD PARK CRAFT BREWERY CITRA WEISSE
HARDYWOOD PARK CRAFT BREWERY CITRA WEISSE 2011年にアメリカ東部のヴァージニア州リッチモンドに設立された醸造所。
まだまだ、日本ではあまり目にする機会がないブルワリーですが数多くの銘柄を手掛けてます。

その内の一つの、こちらのビールは、ホップを効かせたビターなヴァイツェンとなってます。
なので、フルーティーな香りとは裏腹に、口に含んでみると苦味の強い味わいです。ただし、その苦味は、いつまでも残る苦味ではなく早々に消えていくでしょう。

苦味が強い味わいなので、濃いめの肉料理に合わせるとお互いを引き立たせてくれるのでは?
Alc : 5.6%
※該当するページが見当たらなかったので、トップページにリンクさせてます。


Rogue Ales & Spirits

Rouge
Rogue Ales & Spirits Rouge
Rogue Ales & Spirits Rouge フランスのブルゴーニュ辺りと気候が似ていることからブドウの産地としても適しているとされるオレゴン州。

そのオレゴン州で採れた、ピノノワール種(主にワイン醸造用)の果汁を用いて造られ”BRUT IPA”というスタイルに仕立てられてます。
グラスに注ぐと濁りが見え泡は立つものの早々に消えていくので、逆に「泡を立てない様に注いだ」ものを味わうのもまた一興でしょう。そのグラスからは、ホップ由来の華やかな香りと共にほんのり、ぶどうのフルーティーな香りが感じられます。
それが、口の中では複数のホップから放たれる苦味も広がってきます。IPAです!苦味も存分に楽しみましょう。
そして後味は、キレのあるさっぱりとしていた感じで苦味も早々になくなる感じなので、何度でも口に運びたくなるなるのではないでしょうか。
Alc : 7.5% IBU : 25
※酒税法によりビール表記ではなく、発泡酒表記となります。


Anheuser-Busch Companies, Inc.

BADLIGHT LIME
Anheuser-Busch Companies,Inc. BADLIGHT LIME
Anheuser-Busch Companies,Inc. BADLIGHT LIME 2008年にベルギーにできたアンハイザー・ブッシュ・インベブ (英:Anheuser-Busch InBev N.V.) 。 その子会社のアンハイザー・ブッシュで、今回のバドライトライムやバドワイザーなども造らているビール(飲料)会社です。

こちらのボトルもツイストオフキャップとなっていて栓抜き不要です。
グラスに注いだビールは濁りが見えず、明るい色合いで透き通っており見た目から爽快な味わいを連想させてくれます。
口に含むと苦味はほとんど感じられないでしょう。ほんのりライム由来のフルーティーさはあるものの、なんともあっさりした味わいに後味もフルーティーさを残しつつサッパリ!
ビールを注いだグラスのふちにライムを飾れば、さらに雰囲気が高まるでしょう。
Alc : 4.2%
開栓の際には、ふきんやハンカチなどで栓を覆って開けるようにしてください。


KONA BREWING COMPANY

Mai Time WHEAT ALE
KONA BREWING COMPANY Mai Time WHEAT ALE
KONA BREWING COMPANY Mai Time WHEAT ALE 【期間限定】
オレンジやパイナップル、ライムを用いて造られたフルーツビール。

グラスに注ぐと濁りが見えてきます。
WHEAT ALE”となってますが、ヴァイスビアのようにモコモコと泡が盛り上がってくる様なことはなく、ピルスナー辺りの泡立ちに近いかもしれません。
そのグラスに注がれたビールからの香りは、ビールとは思えないトロピカルジュースのような甘くフルーティーな香りが感じられることでしょう。香りからも楽しくなる造りです。
その香りに誘われてビールを口にしてみると、ジュースのような甘みはなく仄かな苦味と、控えめな炭酸が心地よくマイルドな口当たりに思えるでしょう。
それらのうちの、どれかが突出した感じは無くバランス良くまとまった味わいなので、また一杯、次もまた一杯なんて飲み続けられるかもしれませんよぉ~
Alc : 4.9% IBU : 15


LOST COAST BREWERY

TANGERINE WHEAT
LOST COAST BREWERY TANGERINE WHEAT
LOST COAST BREWERY TANGERINE WHEAT アメリカ西海岸のカリフォルニアにて、1990年に設立された醸造所。
ユニークなイラストのラベルが目に入ることでしょう。

そのブルワリーから、タンジェリンを用いて造られた爽やかでフルーティーな香りと味わいが魅力的のフルーツビールです。
グラスに注ぐと、麦芽由来の少々濃いめの色合いで、勢いよく注ぐと泡があふれる感じです。(注ぐ際には、優しく注ぐことをお勧めします。)
それを口に含んでみると、タンジェリン由来のフルーティーな香りとともに軽い酸味が口の中に広がってきます。苦味は弱く後味もさっぱりとした味わいのビールです。
Alc : 5.5% IBU:15


BOULEVARD BREWING CO.

BOURBON BARREL QUAD
BOULEVARD BREWING CO. BOURBON BARREL QUAD
アメリカ中西部のミズーリ州西部に位置する都市カンザスシティー。
1989年(日本では昭和から平成に年号が変わった年)カンザスシティーに設立された醸造所。

”BARREL-AGED”ということがラベルに記されていることから、ウィスキー樽で熟成されたビールとなっております。
グラスに注ぐと、キメの細かい泡が良い感じで盛り上がってきますが消えていくのも、なんとなく早いようで。そこからは仄かにウィスキーの香りも広がってきます。
アルコール高めなこともあり味わいも、まろやかで重厚な口当たり。時折、かすかな酸味ものぞかせてきます。
それは熟成期間に減少する分(天使の取り分)を補うためチェリーを補填しているとのことからだと思います。
食後のまったりとした時間にでも、軽く冷やしてチューリップグラスに注いで、じっくりと味わいながら頂くのに最適でしょう。
Alc : 11.2% IBU : 26
裏のラベルは毀損のため、日を改めて掲載するかもしれません。ご了承ください。


1 2 3 4 5

Back To Top

未成年の飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

© 2012 - ビールは苦いだけじゃない!