Other countries beer
その他の国のビール

(左側の画像をクリックしていただくと、メーカー・醸造所のページが開きます。)

CANADA Spectrum Beer Co.

HOT PINK LEMONADE SOUR
CANADA Spectrum Beer Co. HOT PINK LEMONADE SOUR
CANADA Spectrum Beer Co. HOT PINK LEMONADE SOUR 【要冷蔵】
SOUR : サワーと記されてますが居酒屋などで提供されるモノとは、全くの別物なのでご注意を。

カナダ西部の都市で、アジアからの玄関口とされてるバンクーバー。
その中でも、この醸造所周辺には多数のブルワリーが存在しております。

そのバンクーバーからのビールは、レモンやラスベリーなどのフルーツを使ったサワーエールスタイルのビール。
口にすると、苦味こそは無いものの強めの酸味が、フルーティーな香りと共に口の中に広がります。そして、その味はキレのあるさっぱりした後味で食の味を邪魔しないでしょう。また、少々油が多いモノでもさっぱり流してくれるように思えます。
Alc : 5% IBU : 8


FRANCE Brasserie du Pays Flamand

ANOSTEKE SAISON
FRANCE Brasserie du Pays Flamand ANOSTEKE SAISON
FRANCE Brasserie du Pays Flamand ANOSTEKE SAISON フランスの北部において2006年に設立された醸造所で、二カ所の醸造所でビールづくりが行われてます。

こちらのビールは、ベルギー南部が発祥とされるセゾンスタイルのビールで、昨年のWBA2019では銅賞、WBA2016では金賞を受賞されてます。
そのビールをグラスに注いでみると、濁りが見える造りで、きめ細かい泡が盛り上がってきます。
口に含むと、花の様な上品な香りと軽めの酸味が口の中で広がります。苦味は弱い方で見た目よりもさっぱりしたキレのある飲み心地のビールです。
キンキンに冷やしてゴクゴク飲んでしまうか、少々冷えてる感じで香りも楽しみながら飲むか、飲み方は人それぞれで…
Alc : 6% IBU : 15


SCOTLAND BREWDOG

HIMBEER BERLINER WEISSE
SCOTLAND BREWDOG HIMBEER BERLINER WEISSE
SCOTLAND BREWDOG HIMBEER BERLINER WEISSE IPAスタイルのビールが良く目につくブリュードッグからベルリナーヴァイセのスタイルに造られたビール。ラズベリーも用いて造られたので果実由来のきれいな色合いに仕上がってます。

それをグラスに注ぐと豊かな泡が盛り上がってきます。(注意!グラスに注ぐときは優しく注ぎましょう。泡があふれてきます)
口に含むと苦味はほとんど感じられず、酸味が口の中に広がってきます。
ただ、その酸味もマイルドで”ツン”とくるような強烈なものではなく口の中をさっぱりさせてくれる感じで、後味もさっぱりキレのある味わいです。
こちらのビールには、こてこてした脂モノよりさっぱりしてるモノの方が合うと思います。
Alc : 3.8% IBU : 8


ESTONIA Põhjala Brewing AS

Leevike
ESTONIA Põhjala Brewing AS Leevike
ESTONIA Põhjala Brewing AS Leevike エストニア語の乾杯 : Terviseks
(ん~、Google翻訳やFORVOなどから聞こえてくるのは…)
1991年旧ソ連から独立したバルト三国の一つのエストニア。世界遺産があったり、またIT産業が盛んな国でSkypeが開発された国です。

そのエストニアの旧市街、世界遺産の町で造られた酸味の強いサワービール!輸入業社のラベルだと「麦芽、ホップ…」と記載されてますが副原料にこちらの原材料も入っているようです。
グラスに注ぐと、赤ワインのような濃い色合いで泡は立つものの早々に消えていきます。そこからは、ほんのりベリー系の甘酸っぱい香りが感じられると思います。
それを口にしてみると、まず酸っぱい!サワービールの名に恥じない酸っぱさ!しかし、その酸味はほのかにフルーティーな感じもあり苦味は弱く後味さっぱりした、なんとも面白い味わいのビールでしょう。
Alc : 5.5%
2020年5月時点では日本からエストニアへの直行便は無い模様です。


FRANCE La brasserie Ardwen

Cerise
FRANCE La brasserie Ardwen Cerise
FRANCE La brasserie Ardwen Cerise フランス東部の都市ランスから更に北東に進んだところにあるLaunois-sur-Vence : ロノワ=シュル=ヴォンス。

チェリージュースを用いて造られたため、鮮やかな色合いのフルーツビール。ただし、ろ過されていないようで濁りが見えます。
その、美しい色合いのビールを口に含んでみると、程よい酸味や甘さが口の中で広がってきます。それと同時に、僅かに渋みも感じられます。その渋みは赤ワインに似たようなもので、サクランボ(世界規模となれば、多数の品種があるでしょう)を皮や種も丸ごと使っているならこういった味も出てくると思います。
推奨されてる飲み頃の温度が8℃となっておりキンキンに冷やさず、じっくり味わいを楽しめるフルーツビールなのでは?
Alc : 4.5%


SCOTLAND HARVIESTOUN BREWERY

OLD ENGINE OIL
SCOTLAND HARVIESTOUN BREWERY OLD ENGINE OIL
SCOTLAND HARVIESTOUN BREWERY OLD ENGINE OIL イギリス北部のスコットランドにある醸造所HARVIESTOUN BREWERY。
その醸造所で造られたこちらのビールは2018's INTERNATIONAL BEER CHALLENGEなどで受賞される高品質なブラックビールです。

まずグラスに注いでみると、黒く濁りありの正に”OLD ENGINE OIL”。
そこからは、なんとも香ばしい香りが広がってきます。
その香ばしい香りに誘われ、口にしてみると強めの苦味と奥深いコクが味わえます。
後味も少々残る感じがあり、豊かな風味の余韻を楽しむことができるのではないでしょうか!?
Alc : 6%
ベストな飲み頃は室温となっていますので、常温で飲むと風味が引き出されるのでしょう。


FRANCE Brasserie de Montmorillon

BLANCHE BIO
FRANCE Brasserie de Montmorillon BLANCHE BIO
FRANCE Brasserie de Montmorillon BLANCHE BIO 「ヨーロッパの食糧庫」とも呼ばれるフランス。そのフランスの中西部にあるモンモリヨン地区。

そのモンモリヨンから輸入されたこちらのビールは”BLANCHE BIO”と記載されておりBIO : オーガニックのBLANCHE : 白ビールとなっております。
また、このビールにはレモンピールも用いて造られたためグラスに注いで、そこから広がってくる爽やかな香りも楽しむことができます。そのビールを口に含むと、香りと共にも少しの酸味によりさっぱりとしたフルーティーな味わいで苦味は弱く、さほど気になるレベルではないと思います。
後味もしつこさはなく、飲みやすいのではないでしょうか? Santé !(サンテ)訳 : 乾杯
Alc : 4.9%
この地区には数多くの歴史的建造物も残っているようで、もし足を運ぶ機会があれば、町を散策しながらの一杯も美味しいと思います。


1 2 3 4 5

Back To Top

未成年の飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

© 2012 - ビールは苦いだけじゃない!