Other countries beer
その他の国のビール

(左側の画像をクリックしていただくと、メーカー・醸造所のページが開きます。)

ESTONIA Põhjala Brewing AS

Leevike
ESTONIA Põhjala Brewing AS Leevike
ESTONIA Põhjala Brewing AS Leevike エストニア語の乾杯 : Terviseks
(ん~、Google翻訳やFORVOなどから聞こえてくるのは…)
1991年旧ソ連から独立したバルト三国の一つのエストニア。世界遺産があったり、またIT産業が盛んな国でSkypeが開発された国です。

そのエストニアの旧市街、世界遺産の町で造られた酸味の強いサワービール!輸入業社のラベルだと「麦芽、ホップ…」と記載されてますが副原料にこちらの原材料も入っているようです。
グラスに注ぐと、赤ワインのような濃い色合いで泡は立つものの早々に消えていきます。そこからは、ほんのりベリー系の甘酸っぱい香りが感じられると思います。
それを口にしてみると、まず酸っぱい!サワービールの名に恥じない酸っぱさ!しかし、その酸味はほのかにフルーティーな感じもあり苦味は弱く後味さっぱりした、なんとも面白い味わいのビールでしょう。
Alc : 5.5%
2020年5月時点では日本からエストニアへの直行便は無い模様です。


FRANCE La brasserie Ardwen

Cerise
FRANCE La brasserie Ardwen Cerise
FRANCE La brasserie Ardwen Cerise フランス東部の都市ランスから更に北東に進んだところにあるLaunois-sur-Vence : ロノワ=シュル=ヴォンス。

チェリージュースを用いて造られたため、鮮やかな色合いのフルーツビール。ただし、ろ過されていないようで濁りが見えます。
その、美しい色合いのビールを口に含んでみると、程よい酸味や甘さが口の中で広がってきます。それと同時に、僅かに渋みも感じられます。その渋みは赤ワインに似たようなもので、サクランボ(世界規模となれば、多数の品種があるでしょう)を皮や種も丸ごと使っているならこういった味も出てくると思います。
推奨されてる飲み頃の温度が8℃となっておりキンキンに冷やさず、じっくり味わいを楽しめるフルーツビールなのでは?
Alc : 4.5%


SCOTLAND HARVIESTOUN BREWERY

OLD ENGINE OIL
SCOTLAND HARVIESTOUN BREWERY OLD ENGINE OIL
SCOTLAND HARVIESTOUN BREWERY OLD ENGINE OIL イギリス北部のスコットランドにある醸造所HARVIESTOUN BREWERY。
その醸造所で造られたこちらのビールは2018's INTERNATIONAL BEER CHALLENGEなどで受賞される高品質なブラックビールです。

まずグラスに注いでみると、黒く濁りありの正に”OLD ENGINE OIL”。
そこからは、なんとも香ばしい香りが広がってきます。
その香ばしい香りに誘われ、口にしてみると強めの苦味と奥深いコクが味わえます。
後味も少々残る感じがあり、豊かな風味の余韻を楽しむことができるのではないでしょうか!?
Alc : 6%
ベストな飲み頃は室温となっていますので、常温で飲むと風味が引き出されるのでしょう。


FRANCE Brasserie de Montmorillon

BLANCHE BIO
FRANCE Brasserie de Montmorillon BLANCHE BIO
FRANCE Brasserie de Montmorillon BLANCHE BIO 「ヨーロッパの食糧庫」とも呼ばれるフランス。そのフランスの中西部にあるモンモリヨン地区。

そのモンモリヨンから輸入されたこちらのビールは”BLANCHE BIO”と記載されておりBIO : オーガニックのBLANCHE : 白ビールとなっております。
また、このビールにはレモンピールも用いて造られたためグラスに注いで、そこから広がってくる爽やかな香りも楽しむことができます。そのビールを口に含むと、香りと共にも少しの酸味によりさっぱりとしたフルーティーな味わいで苦味は弱く、さほど気になるレベルではないと思います。
後味もしつこさはなく、飲みやすいのではないでしょうか? Santé !(サンテ)訳 : 乾杯
Alc : 4.9%
この地区には数多くの歴史的建造物も残っているようで、もし足を運ぶ機会があれば、町を散策しながらの一杯も美味しいと思います。


CANADA GODSPEED BREWERY

YUZU
CANADA GODSPEED BREWERY YUZU
CANADA GODSPEED BREWERY YUZU カナダ最大の都市トロント。メジャーリーグのブルージェイズの本拠地となってます。
そのトロントにある醸造所で造られたこちらのビール。

ゆずを用いて造られたビールで、それをグラスに注ぐと白くきめの細かい泡が盛り上がってきます。そこからは、果実由来のフルーティーで爽やかな香りが楽しめるでしょう。
そのゆずの香りを感じながら、口に含むと弱めの酸味と微炭酸レベルのやさしい刺激の炭酸が口の中に広がってきます。
苦味の方はほろ苦い感じで、後味さっぱりしたフルーティーな味わいのビールです。
Alc : 4.1%


FRANCE Pietra

CORSICAN IPA
FRANCE Pietra CORSICAN IPA
FRANCE Pietra CORSICAN IPA フランス南東部、地中海に浮かぶコルス(コルシカ)島。WRC※1の開催地であったり、ナポレオンの出身地となっている地にある醸造所。

そのコルス島から輸入されたこちらのビールは、IPA※2なので強めの苦味が好みの方にとっては外せないかもしれません。
昨年2019年には、INTERNATIONAL CRAFT BEER AWARDで金賞受賞&FRANKFURT INTERNATIONAL TROPHYで銀賞受賞されてます。
グラスに注ぐと、ほんのりと甘くフルーティーな香りが感じられ、口に含むと強めの苦味が口の中に広がるでしょう。その強い苦味とまろやかなコクが余韻となり後味も楽しめると思います。
Alc : 6% IBU : 40
※1 WRC : World Rally Championship(世界ラリー選手権)
※2 IPA : India Pale Ale


SCOTLAND BREWDOG

ZOMBIE CAKE
SCOTLAND BREWDOG ZOMBIE CAKE
SCOTLAND BREWDOG ZOMBIE CAKE CAKEと記されていますが、ケーキ屋さんや洋菓子店に売っているCAKEのような甘い味わいではないのでご注意ください。
見た目からわかると思いますが、ほぼ黒い色合いでスタイルはポーターとなっております。
このビールですが、記事の始めに甘くないとは記載しましたが、乳糖によりビールの中では甘みを感じられる造りとなっています。苦味はもちろん、焙煎された麦芽も使われているため香ばしい風味も感じられます。
炭酸はマイルドで、口に含んだ時から喉を通り過ぎるまで心地よい刺激を受けるでしょう。加えて、苦味が余韻としてくつろぎの時間を楽しませてくれることだと思います。 Alc : 5% IBU : 25


JAMAICA RJ RUMS AND SPIRITS LTD

ROYAL JAMAICAN
Jamaica HARBOE WHEAT
Danmark HARBOE WHEAT 中米カリブ海に浮かぶ島国で、レゲエミュージックやマリンスポーツのメッカともなっているジャマイカ。
そこの首都キングストンで造られているこちらのビール。

生姜が強めに効いたある意味、辛口のビールです。生姜や生姜飴が苦手な方は避けた方が賢明でしょう。

グラスに注ぐと濁りが見え、泡は立つもののすぐに消えてなくなってしまいます。造るときの麦芽の量(使用率はラベルに記載)、ホップの量が少ないと思われます。
そういったこともあり、ビールの特有の穀物由来のにおいや爽やかなホップの香りと違った生姜の爽やかな香りが感じられます。
そのビールを口に含むと生姜由来の辛さが口の中で広がります。おそらく苦味は?…位に弱いです。代わりに生姜由来の辛さが前にも後にも楽しめるでしょう。
Alc : 4.4%


1 2 3 4

Back To Top

未成年の飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

© 2012 - ビールは苦いだけじゃない!