Germany

(画像をクリックしていただくと、醸造所のページが開きます。)

Tucher

Kristall Weizen
Tucher Kristall Weizen
こちらのビールは、ろ過されたクリアな見た目にきめ細かい豊かな泡立ち。加えてほんのり青リンゴ?を思わせるようなフルーティーな香り、それを口に含むと強めの炭酸が心地よくそして爽快な喉ごし。
これからのお花見の季節に外飲みでいかが?
Alc:5.1%


Weltenburger

Hefe-Weißbier
Weltenburger ヴェルテンブルガー hefe-Weißbier
バイエルン州の中央辺りに位置するケールハイム(Kelheim)。そこを流れるドナウ川の河岸で、1050年から続いているとても歴史ある修道院醸造のビール。
小麦麦芽も使用して醸造され、ろ過されていない白濁した見た目に加え豊かな泡立ち。フルーティーな甘い香り、ほのかな酸味と心地よい炭酸で味わい深いビールです。

修道院の中庭に設置してあるビアガーデンでは新鮮なビールがいただけるでしょう。
Alc:5.4%


Krombacher

Weizen
Krombacher Weizen
ドイツ西部のフランクフルト(から北西に約150km)とドルトムントの中間辺りにある醸造所。
ビールの方は、ろ過されていない濁りのあるビール。口に含むと穏やかな炭酸と、控えめな苦味によりマイルドな口当たりに思えます。
Alc : 5.3%

現地に行けば日本には輸入されていない銘柄も口に出来るかもしれませんよ…たぶん


Schöfferhofer

KRISTALLWEIZEN
Schöfferhofer KRISTALLWEIZEN
ろ過された、クリアなヴァイツェン。
香りはフルーティなヴァイツェンそのものですが口に含むと、無ろ過のヴァイツェンとは違って軽いというか、あっさりしてる様に思えます。スタンダードなヴァイツェンよりライトな物を好むならこちらがいいかもしれません。
Alc:5%



GRAPEFRUIT
Schöfferhofer GRAPEFRUIT シェッファーホッファーグレープフルーツ
柑橘系の爽やかな香りがいい感じです。
見た目は酵母も混ざっているので濁りあり。グレープフルーツとなってはいますが、オレンジの感じも結構出ていて「これがビール?」という感覚になるのでは…。
Alc:2.5%



HOFBRÄUHAUS

MÜNCHNER WEISSE
HOFBRAU
「Hefe Weizen へーフェ ヴァイツェン」日本国内で売られているボトルはこちらの表記かとおもいます。
元々はバイエルン国王のために造られたビール。
ヴァイツェン特有の甘くフルーティな香りに加え、ホップの香りも広がってくる感じで味わいは、コクもありますが炭酸が強めでスパイシーさも感じられます。
また、こちらの醸造所直営のビアホール『ホフブロイハウス』はミュンヘンの観光名所の一部にもなっているようで、新鮮なビールが味わえたりバンド演奏やショーが楽しめるようです。
Alc : 5.1%


ALLERSHEIMER

WEISSBIER HELL
ALLERSHEIMER Weissbier
1854年からある醸造所で、首都ベルリンから西南西方向に300km位のホルツミンデンという町に位置します。

このヴァイスビアは「WEISSBIER HELL」ということで濾過をせず、酵母等が残った仕様となってます。
なので、グラスに注ぐと濁りがみられ、泡立ちの豊かなヴァイスビア。
さわやかな香りが感じられ、口に含むと炭酸が強めで甘みが感じられず後味にほんのり苦味が残る感じがします。


1 2 3 4 5

Back To Top

未成年の飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

© 2012 - ビールは苦いだけじゃない!