北海道 東北 関東 中部 関西 中国 四国 九州&沖縄

関東地方


栃木 那須高原ビール

桃太郎エール
栃木,那須高原ビール,桃太郎エール
栃木,那須高原ビール,桃太郎エール Alc : 6%
【要冷蔵】【季節限定】
ほのかに、桃の香りが感じられるフルーツビールです。
グラスに注ぐと良い感じで泡が盛り上がってきますが、消えていくのもいささか早い感じです。なので逆に泡を立てずに注いで、それを味わってみるのも面白いかもしれませんね。

そのグラスに注いだビールを口にしてみると、甘味や炭酸などが抑えられた造りで上品な味わいです。炭酸が弱いことで優しく喉を通り過ぎていくのと、おなかに溜まりにくいでしょう。
苦味は、ほぼ感じられないくらい弱いレベルなので、もしかしたら「これなら飲める!」なんて方も出てくるのでは?
こちらのビールには、軽めの味付けの料理が合うと思います。


神奈川 TDM 1874 Brewery

浜なしごーぜ
神奈川,TDM1874Brewery,浜なしごーぜ
神奈川,TDM1874Brewery,浜なしごーぜ IBU : 10
Alc : 4.0%
【要冷蔵】【季節限定】
2017年から始まったこちらの醸造所。横浜市緑区に本店、横浜スタジアム北側に”マルシェ・ディ・ジュール 関内店”と東京都港区北青山に”TDM 1874 Aoyama”を展開されてます。

ゴーゼというスタイルは、ドイツの首都ベルリンから南西部に位置するライプツィヒ周辺で造られるビールで、塩やコリアンダー、乳酸菌を用いて造られるのが特徴のようです。
その日本版(TDM版)がこちらで、梨の果汁も用いて造られておりゴーゼとなっているだけに塩も入っています。
口に含んでみると驚きの味です。ほんのりフルーティな香りと共に酸味に加え塩気も口の中に広がっています。
ただ、それらが程よくバランスがとれているため、思ったよりも楽に飲めてしまうのでは?
※こちらのビールは、秋に発売される期間限定のものなので今の時期は入手できないかもしれませんのであしからず。


神奈川 サンクトガーレン

さくら
神奈川,サンクトガーレン,さくら
神奈川,サンクトガーレン,さくら IBU : 17
Alc : 5%
【要冷蔵】【春限定】
こちらのビールは春の季節に限定で発売されるビールです。(220日発売)

さくら(食用のものを塩漬けにして使用)の花と葉を用いて造られたこちらのビール。長野の伊那市高遠の「さくら名所100選」にも選ばれている桜を使用とのことです。

そのビールをグラスに注ぐと白くきめ細やかな泡が立ってきて、そこからはなんと!桜餅を思わせる香りが広がってきます。
それを口に含むと、苦味も感じられますがほんのりと甘味や酸味も感じられるでしょう。それらが程よくバランスがとれており、唯一無二の季節を感じるユニークな味わいです。


神奈川 株式会社ダイニング
GORABREWERY

琥珀
神奈川,株式会社ダイニング,GORABREWERY,琥珀
神奈川,株式会社ダイニング,GORABREWERY,琥珀 Alc : 5.0%
神奈川県西部に位置する箱根町。その箱根町に、レストランも併設された醸造所があります。

インターナショナルビアカップ2018 金賞受賞

ベルジャンホワイトのスタイルに造られたこちらのビール。
きめ細かい泡が出てきてクリーミーな泡が盛り上がってきます。
ほんのり柑橘類からの爽やかな香り。それが口に入ると炭酸は微炭酸のような穏やかな口当たりで、苦味が弱くほのかな酸味によりさっぱりした味わい。
少々、後味が残る感じなので余韻も楽しめるビールでしょう。


栃木 那須高原ビール

イチゴエール
栃木,那須高原ビール,イチゴエール
栃木,那須高原ビール,イチゴエール Alc : 5%
【限定】【要冷蔵】
2000年にインタナショナルビアカップで銅賞
2002年にアジアビアカップで銅賞を受賞されてます。
地元産のイチゴ:とちおとめを使ったフルーツビールは【季節限定】のビールとなっています。
グラスに注ぐと、ほんのりイチゴの甘い香りが鼻に入ってきます。それを口に含むと、甘さ控えめで程よい酸味がありスッキリした味わいです。
ただ、サワーやカクテルのように甘い味付けを好まれる方には?少々物足りないかもしれません。苦味は、ほとんど感じられないと思います。
(苦味に敏感な方だと、もしかしたら少々感じてしまうかも)


東京 株式会社羽田麦酒

Weizen ヴァイツェン
東京,株式会社羽田麦酒,羽田ブルワリー,Weizen,ヴァイツェン
東京,株式会社羽田麦酒,羽田ブルワリー,Weizen,ヴァイツェン Alc : 5.0%
【要冷蔵】
東京湾に面し羽田空港がある大田区。その地で2014年から造り始めた醸造所。

ヴァイツェンとなっていますが、原材料をみるとベルジャン・ホワイトとも思えるものを使って造られています。
泡立ちは穏やかな感じでろ過されておらず濁りが見え、熱処理をしていないとのことで保存は【要冷蔵】となっております。
それを口に含むと、軽い炭酸が心地よく、ほんの少々苦味が感じられるように思います。後味はさっぱりした感じなので楽に飲めるのではないでしょうか?


栃木 那須高原ビール

Weizen
栃木,那須高原ビール,Weizen
栃木,那須高原ビール,Weizen Alc : 5%
【要冷蔵】
2001年にインタナショナルビアカップで銅賞を受賞されたこちらのビールは、栃木県北部に位置する那須町で造られています。
グラスに注ぐと、ろ過されておらず濁りが見え、きめが細かく白いクリーミーな泡が立ち上がってきます。
そのグラスからはクローブのような香りが感じられ、口に含むと控えめな炭酸で苦味は弱めに思えます。後味しつこくなく、さっぱりした感じのヴァイツェンに思えます。

今回はボトルビールでしたが、醸造所併設のレストランでも味わえるのでそこでの味わいはまた格別でしょう。


1 2 3 4 5 6 

Back To Top

未成年の飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

© 2012 - ビールは苦いだけじゃない!