北海道 東北 関東 中部 関西 中国 四国 九州&沖縄


神奈川 横浜ビール

都会の真ん中にあるクラフトビールのブルワリー&レストラン。
こちらでは、地元の神奈川で採れた柚子やいちごなどの季節のフルーツなどを使ったフルーツビールを造られています。

※話はずれますが、この醸造所から歩いて10分ほどで国指定重要文化財の「日本丸」が見れる横浜みなと博物館に、逆方向に行くと横浜スタジアムにも徒歩で10分ほどで行くことができますよ。

~ 桃エール ~
神奈川 横浜ビール 桃エール
【季節限定】
かつて、桃の一大産地でもあった神奈川。現在では極少数となってしまったようで...。
その生産量が極少数の貴重な桃を使ったフルーツビールです。

白くクリーミーな泡からもフルーティーな香りが感じられます。口の中でも桃のフルーティーな香りと控えめな甘みが広がってくるでしょう。
ネクターの様な、まったり感は無いものの苦味や渋みなどがなく、まろやかでフルーティーながら後味はあっさりとした飲み心地が楽しめます。
Alc : 5.5% IBU : 12 苦味 ★☆☆


~ オレンジペールエール ~
神奈川 横浜ビール オレンジペールエール
【季節限定】
季節ごとに様々な地元産のフルーツを使ったビールを造られてます。
そして、これは小田原産の清見オレンジを、皮まで用いて造られたなんともジューシーなフルーツエールです。

今回は、泡が載っていないスタイルが提供されました。(いつか機会があったら、泡ありと泡無しとで比べてみたいです)
グラスを近づけると、オレンジの爽やかな香りが優しく感じられます。
その香りに誘われて、口に含むと香りと共に強めの苦味も口の中に広がってきます。この強めの苦みもアクセントとなり、より一層オレンジのフレーバーを感じることでしょう。
甘めの仕上がりではないので、苦いのが好きな方にとっては心地よい苦味に思えるのではないでしょうか?
Alc : 5.5% IBU : 30 苦味 ★★☆


~ 柚子ヴァイツェン ~
神奈川 横浜ビール 柚子ヴァイツェン
神奈川 横浜ビール 柚子ヴァイツェン 【季節限定】
柚子を用いて造られたフルーティーなヴァイツェンです。

小麦、柚子は地元神奈川県産のものが使われているとのことで、柚子については11月中旬~12月が旬とされてます。
グラスに注いだビールは、ヴァイツェンならではの良い泡立ち。そして、無ろ過のため酵母などからの濁りが見えます。
そのヴァイツェンを口元に持ってくると華やかなゆずの香りが広がってきます。
そして、口に含むとマイルドで心地よい炭酸が、フルーティー香りと共に喉元を通り過ぎてくれます。
苦味に関して某ドライ系ビールよりも弱く感じるかもしれませんので、もしかしたら普段あまりビールを口にしない方(苦手な方)でも飲めるかもしれませんよ。
Alc : 5% IBU : 12 苦味 ★☆☆


~ 苺ウィート ~
神奈川 横浜ビール 苺ウィート
神奈川 横浜ビール 苺ウィート 【季節限定】
地元神奈川県で採れた小麦やイチゴを用いて造られたフルーツビールです。

そのビールをグラスに注ぐと、普段CM等で目にするような透き通った黄金色のビールとは違った果実由来の色合いや濁りある見た目が目に入ってきます。
そこからは、ほんのりイチゴのフルーティーな香りも感じられ、口に含むと、イチゴの香りも口に中で広がり、ほのかな酸味がより一層フルーツ感を際立たせてくれるでしょう。さっぱりとした味わい、それに終始イチゴのフルーティーな香りがついてくる感じで、この風味に虜になる人も出てきちゃうのでは?
苦味は、ん~…ほぼ感じられないくらい弱いでしょう。
Alc : 5.5% IBU : 10 苦味 ★☆☆


~ ヴァイツェン ~
神奈川 横浜ビール ヴァイツェン
今回いただいたヴァイツェンは「でかい方のサイズ」を注文すると、ドイツのヴァイツェングラスとほぼ同じ形のグラスで提供していただけます。
グラスに注がれたビールは、無ろ過のため濁りが見え口元に持ってくるとバナナのようなフルーティーで甘い香りが広がってきます。
そのヴァイツェンを口に含むとシュワシュワの炭酸が心地よく、なおかつコクの豊かなヴァイツェンが喉元も通り過ぎてくれます。
苦味に関してはだいぶ弱い方で、ピルスナーが苦手な方でも、もしかしたら飲めるかもしれませんよ。(強要はしませんけど)
Alc : 5.5% IBU : 8 苦味 ★☆☆



Back To Top

未成年の飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

© 2012 - ビールは苦いだけじゃない!