East Japan


岩手 銀河高原ビール
新潟 エチゴビール

神奈川 横浜ビール

~ オレンジペールエール ~
神奈川 横浜ビール オレンジペールエール
【季節限定】
季節ごとに様々な地元産のフルーツを使ったビールを造られてます。
そして、これは小田原産の清見オレンジを、皮まで用いて造られたなんともジューシーなフルーツエールです。

今回は、泡が載っていないスタイルが提供されました。(いつか機会があったら、泡ありと泡無しとで比べてみたいです)
グラスを近づけると、オレンジの爽やかな香りが優しく感じられます。
その香りに誘われて、口に含むと香りと共に強めの苦味も口の中に広がってきます。この強めの苦みもアクセントとなり、より一層オレンジのフレーバーを感じることでしょう。
甘めの仕上がりではないので、苦いのが好きな方にとっては心地よい苦味に思えるのではないでしょうか?
Alc : 5.5% IBU : 30
こちらのビールは、間もなく終了とのことでした。次のフルーツビールは桃のビールとのことです。


静岡 柿田川ブリューイング株式会社

~ 沼津クラフト うめぞのウィート ~
静岡 柿田川ブリューイング株式会社 沼津クラフト うめぞのウィート
静岡 柿田川ブリューイング株式会社 沼津クラフト うめぞのウィート 【要冷蔵】【季節限定】
2018年にベアードブルーイングから独立された方が始めた醸造所で、沼津(入口店内一部)と三島にテイスティングルームがあります。

かわいいデザインのラベルが貼られたこちらの”うめぞのウィート”は、地元の梅を用いて造られたフルーツビール。(梅の分類が果実であるため)
グラスに注ぐと良い泡立ちで、そこからは梅の爽やかな香りが感じられます。その爽やかな香りにつられて口に入れてみるとサワーエール程ではないですが、ほのかに酸味も感じられるサッパリとした、ドライな味わいの造りになっております。
梅酒の様な甘~ぃ味わいとは違った、フルーティーでドライな味わいが楽しめますよ。 Alc : 4.1% IBU : 15


千葉 寒菊銘醸

Strawberry Milk Shake IPA
千葉 寒菊銘醸 Strawberry Milk Shake IPA
千葉 寒菊銘醸 Strawberry Milk Shake IPA 【要冷蔵】【数量限定】
和梨や落花生(ダントツの日本一)の産地として知られる千葉県。
その千葉県で採れたイチゴを用いて造られたStrawberry Milk Shake IPA。※注意 こちらは”IPA”の造りなので苦味が強めです。

グラスに注ぐと澱が見えますが品質上、問題は無いとなっております。(多分、イチゴのペクチンと他の原材料の成分が結合したものではないでしょうか)
そのグラスからは、イチゴの甘酸っぱさまで伝わってくるほどのフルーティーな香りも感じられます。
それが口の中では香りと共に苦味も広がり、軽めの炭酸による刺激が心地よいでしょう。ただ甘ったるいイチゴのサワーの様なモノではなく、しっかり苦味も味わえる(フルーツ)IPAといったところでしょうか。
Alc : 5%


神奈川 東海道BEER川崎宿工場

~ 薄紅の口実 ~
神奈川 東海道BEER川崎宿工場 薄紅の口実
神奈川 東海道BEER川崎宿工場 薄紅の口実 【要冷蔵】
東海道が通り宿場町として栄え、100万人を超える政令指定都市の川崎市。
その川崎に、2018年に設立された醸造所。

こちらのビールは、イチゴも用いて造られたフルーツビールで、香りもほのかにイチゴのフルーティーな香りが感じられます。
グラスに注ぐと、濁りが見えず透き通った見た目。
口に含むと、イチゴ由来の酸味であったり、苦味も感じられる造りです。甘みに趣を置いたフルーツビールではないのですが、大人の味わいを楽しまれたい方に向いてるのではないでしょうか?
Alc:5%
余談ですが、1997年に川崎浮島ジャンクションを起点に開通した東京湾アクアラインにより、千葉県の木更津氏市と結ばれてます。


静岡 DHCビール

ROCOCO Tokyo WHITE
静岡 DHCビール ROCOCO Tokyo WHITE
静岡 DHCビール ROCOCO Tokyo WHITE 【要冷蔵】
静岡のDHCビールさんが醸造されたヴァイスビア(ヴァイツェン)スタイルのビールです。

グラスに注ぐと濁りが見えるこのビールは、甘くバナナのようなフルーティーな香りが広がってきます。
その甘くフルーティーな香りに誘われて口にすると、苦味は弱くまろやかでコクのある味わい。軽めの炭酸が心地よいのど越しに感じられます。
後味は、しつこさがなくサッパリとしており何度でも口にしたくなる味わいでしょう。
ピルスナースタイル(○○搾りやプ○○ルなど)のビールが苦手な方でも、こちらのスタイルのビールなら、もしかしたら口に出来るのではないでしょうか?
Alc:5.5%


栃木 那須高原ビール

~ 桃太郎エール ~
栃木 那須高原ビール 桃太郎エール
栃木 那須高原ビール 桃太郎エール 【要冷蔵】【季節限定】
ほのかに、桃の香りが感じられるフルーツビールです。
グラスに注ぐと良い感じで泡が盛り上がってきますが、消えていくのもいささか早い感じです。なので逆に泡を立てずに注いで、それを味わってみるのも面白いかもしれませんね。

そのグラスに注いだビールを口にしてみると、甘味や炭酸などが抑えられた造りで上品な味わいです。炭酸が弱いことで優しく喉を通り過ぎていくのと、おなかに溜まりにくいでしょう。
苦味は、ほぼ感じられないくらい弱いレベルなので、もしかしたら「これなら飲める!」なんて方も出てくるのでは?
こちらのビールには、軽めの味付けの料理が合うと思います。
Alc : 6%


神奈川 TDM 1874 Brewery

~ 浜なしごーぜ ~
神奈川 TDM 1874 Brewery 浜なしごーぜ
神奈川 TDM 1874 Brewery 浜なしごーぜ 【要冷蔵】【季節限定】
2017年から始まったこちらの醸造所。横浜市緑区に本店、横浜スタジアム北側に”マルシェ・ディ・ジュール 関内店”と東京都港区北青山に”TDM 1874 Aoyama”を展開されてます。

ゴーゼというスタイルは、ドイツの首都ベルリンから南西部に位置するライプツィヒ周辺で造られるビールで、塩やコリアンダー、乳酸菌を用いて造られるのが特徴のようです。
その日本版(TDM版)がこちらで、梨の果汁も用いて造られておりゴーゼとなっているだけに塩も入っています。
口に含んでみると驚きの味です。ほんのりフルーティな香りと共に酸味に加え塩気も口の中に広がっています。
ただ、それらが程よくバランスがとれているため、思ったよりも楽に飲めてしまうのでは?
Alc : 4.0% IBU:10
※こちらのビールは、秋に発売される期間限定のものなので今の時期は入手できないかもしれませんのであしからず。


神奈川 横浜ビール

~ 柚子ヴァイツェン ~
神奈川 横浜ビール 柚子ヴァイツェン
神奈川 横浜ビール 柚子ヴァイツェン 【季節限定】
柚子を用いて造られたフルーティーなヴァイツェンです。

小麦、柚子は地元神奈川県産のものが使われているとのことで、柚子については11月中旬~12月が旬とされてます。
グラスに注いだビールは、ヴァイツェンならではの良い泡立ち。そして、無ろ過のため酵母などからの濁りが見えます。
そのヴァイツェンを口元に持ってくると華やかなゆずの香りが広がってきます。
そして、口に含むとマイルドで心地よい炭酸が、フルーティー香りと共に喉元を通り過ぎてくれます。
苦味に関して某ドライ系ビールよりも弱く感じるかもしれませんので、もしかしたら普段あまりビールを口にしない方(苦手な方)でも飲めるかもしれませんよ。
Alc : 5% IBU : 12
※こちらのビールは、冬に発売される期間限定のものなので今の時期は入手できないかもしれませんが、もしかしたら来年!?までのお楽しみに。


1 2 3 4 5 6 7

Back To Top

未成年の飲酒は法律で禁止されています。お酒は20歳になってから。

© 2012 - ビールは苦いだけじゃない!